2016年2月4日に公開された映画「オデッセイ」

水なし、酸素ほとんどなしの火星にひとり取り残された宇宙飛行士、
「マーク・ワトナー」が、地球に帰るまでの極限のサバイバル生活を描いた映画。
ネタバレが嫌な方には注意の内容ですが、中には「映画館に行かなくても内容が知りたい!」という方もいますよね。私もその一人です。
気になる映画はいち早く内容が知りたい!ということで、
・映画オデッセイの「ネタバレ」は?
・登場人物は?
・大ヒットの秘訣は?
をみていきましょう!

<スポンサードリンク>

映画オデッセイの内容は?【ネタバレあり】

監督:リドリー・スコット
主演:マット・デイモン

「エイリアン」「グラディエイター」など数々の名作を生み出してきた
リドリー・スコット監督の最新作。
火星に取り残された宇宙飛行士「マーク・ワトニー」をマット・デイモンが演じます。

登場人物は、
マーク・ワトニー:マット・デイモン
1
画像引用:http://www.foxmovies-jp.com

猛烈な砂嵐に吹っ飛ばされ、火星でひとりぼっちになった宇宙飛行士。
仲間は彼のことを死んだと思い宇宙船で地球に帰還。
地球から二億五千万キロもまなれた火星で、水なし、酸素ほとんどなしの絶望的な現実に直面しても、ポジティブな思考を失わないタフな男。
植物学者、メカニカル・エンジニアとして培った知識をフル稼働させ、粘り強く生き抜いていく姿を描く。

主演のマット・デイモンは
マサチューセッツ州ケンブリッジ生まれ。17歳で「ミスティック・ピザ」でデビューし、
「ジェイソン・ボーン」シリーズなどで活躍しました。
俳優活動として最近調子がよくなかったけど、今作で大復活!!
彼のユーモアあふれる演技とジョークで、絶望的な状況でも思わず笑ってしまいます。

ジェシカ・チャスティン:メリッサ・ルイス
2
画像引用:http://www.foxmovies-jp.com
宇宙船ヘルメス号の船長で、地質学者。
海軍出身で、火星<アレス3>ミッションの頭脳明晰なリーダーとして6人の乗組員を指揮する。
砂嵐に吹き飛ばされて死亡したと思っていたマークが、じつは生きていたということを知り、マークを火星にひとり置き去りにした罪の意識に苛まれる。

予告編でも登場した、宇宙船ヘルメス号の船長。
死んだと思っていたマークがじつは生きていたということを知り、彼を救うために宇宙船で再び救助に向かおうとします。
演じるのはメリッサ・ルイス
1977年、カリフォルニア州サクラメント生まれ。
「ヘルプ~心がつなぐストーリー~」でデビュー、アカデミー主演女優賞や、
ゴールデン・グローブ賞にノミネートされる。

登場人物が一気にわかる動画は次のページへ(下の青いボタンになります)

(Visited 1,368 times, 1 visits today)