<スポンサードリンク>

ズートピア英語版ティザー予告1

ズートピアのティザー予告1に登場し、世界観を伝えてくれるのは
きつねのニック。

つたない英語で翻訳すると、
「ズートピア」に登場するのは「人間(human/ヒューマン)」ではなく、
「動物(animal/アニマル)」。

2つの足で二足歩行をし、裸ではなく服を着ている。
そして彼らは「テクノロジー」を使える--

といったところで、たくさんの動物たちが登場。
サイ、ゾウ、ヤギやアルマジロ、シマウマやハリネズミなど、
ズートピアの世界に登場するのは動物たちばかり!
これは面白そうですね~♪

人間が出てこないので、最初は違和感がありましたが、予告動画を見ていくうちにだんだんと愛着が沸いてきました。登場するのは動物たちだけですが、人間のように個性豊かなキャラクターが見られるので、今では公開が楽しみです!

スタッフは「アナと雪の女王」や「ベイマックス」を制作したディズニーの精鋭たち!

ズートピア英語版ナマケモノ予告

こちらは英語版で「ナマケモノ予告」と名づけられている「Sloth Trailer(スロートレイラー)」
「Sloth」とは、英語でナマケモノの意味を表します。
ナンバープレートを取りに来ただけのジュディとニックが、陸運局(りくうんきょく)の建物に入ると、そこの受付はなんと皆ナマケモノ!
まるでスローモーションのようにの~んびり動く彼らに、せっかちなジュディはいらいらしてしまいます。

ジョークにゆ~っくり笑ったり、ナンバーをゆ~っくり復唱したり、
隣の受付嬢、クリスティーナに「ナンバーは?」と聞いたりするなど、面白いキャラクターたちが登場しましたね♪

ジュディがナンバーを受け取ったときには外はもう夜(笑)
「急ぎましょう!」と言っているジュディとのかみ合わない感じが面白いです♪

ズートピアクリスマス特別予告

昨年2015年12月24日のクリスマスイブに公開されたジュディの特別予告!
うさぎならではの軽やかな身のこなしでタッタッタッタ!と走ってくるジュディ。
元気いっぱいにポーズを決め、髪の毛、ではなく大きな耳をさらっとなびかせます。
何かの物音を聞き取ったのか、耳をピンとそば立てて聞くジュディ。
最後に敬礼をして、タッタッタッタ!と画面の外へ。

さすがヒロインのジュディ、登場も可愛いですね~♪
ズートピアでは異例のうさぎの警察官ということですが、うさぎの特徴である大きな耳と脚力が
事件の捜査に役立つのでしょうか?
映画が楽しみです!

(Visited 3,050 times, 1 visits today)