2016年4月23日に公開されるディズニー最新作の映画「ズートピア」!

全米公開では3週連続で首位を獲得したディズニーアニメ最新作、
日本での公開を待ち望んでいた方も多いですよね~!
そんなズートピアの中に、お笑い芸人の「芋洗坂係長」が声優として登場しているとのこと!
果たしてどんなキャラクターを演じているのでしょうか?
さっそく見ていきましょう!

<スポンサードリンク>

芋洗坂係長がズートピアで声優に初挑戦!

ズートピアの主人公、うさぎのジュディを演じるのは女優の上戸彩さん、そして、
ジュディが務める警察の受付のクロウハウザーを演じるのは、お笑い芸人のサバンナ高橋さん!

日本で有名なお笑い芸人さんが声優を演じるのはとっても面白いですね~!
話題にもなりますし、映画を見ていて「あっ!これが高橋さんの声だ~!」と喜ぶファンの方もいるのではないでしょうか?

そんな中、今回、新たにお笑い芸人の「芋洗坂係長」も声優に初挑戦!

「エンタの神様」や「爆笑レッドカーペット」などに出演し、「踊るメタボリーマン」などのキャッチフレーズで親しまれてきた芋洗坂係長が挑戦するのは、なんとたぬき!
7
画像引用:http://www.cinemacafe.net/article/2016/04/05/39425.html
このタヌキ、「マイケル・狸山(たぬやま)」は、ズートピアの中でニュースキャスターをしていて、全世界でも5種類しかいない「ご当地キャラクター」なんです!

確かに、タヌキに頭の上に乗った葉っぱといえば、日本独特のキャラクターですよね!

「かちかち山」や「ぽんぽこたぬき」などの絵本を知っている日本人の子供ならともかく、海外の人に見せても「ん?」っという反応しかないと思います(笑)

日本版でしか見ることができないこのキャラクター、ズートピアの製作側、ディズニーによれば、
「日本の典型的なサラリーマンをイメージしたキャラクターのルックスが、驚くほど芋洗坂さんにそっくりだった」ことから、ディズニーが熱烈なオファーをして今回の声優としての起用が実現!

今回の決定について、芋洗坂さんは、
「だから私のところにオファーが来たんだなと思いましたよ。これは自分がモデルになったんじゃないかと思うくらい、似ていましたから」と驚いた様子で語ったそう。
また、初めての声優への挑戦については、「逆に”これはすぐにできるだろう”と思ったんですけれども、そうは問屋がおろしませんでした。キャラクターの空気感に声を合わせなきゃいけないというのがすごく難しいところでした」と、初挑戦の苦労も語っています。

日本のご当地キャラクター「マイケル・狸山(たぬやま)」を登場させた
バイロン・ハワード監督とリッチ・ムーア監督は、「日本特有のキャラクターを探している時に、ちょっといたずら好きでずる賢く、それでいて茶目っ気があり頭のいい不思議な雰囲気を持つ動物を見つけ、それがタヌキでした」と制作秘話を語っています。

芋洗坂さんの起用については、
「今回は、そのタヌキに素晴らしい方が声を当ててくれました」と、絶賛の声を上げています。

日本オリジナルのキャラクター、芋洗坂係長演じる「マイケル・狸山(たぬやま)」が登場するのはどのシーンなのでしょうか?
公開が楽しみですね!

ズートピアは2016年4月23日公開です!

(Visited 750 times, 1 visits today)