公開から大ヒットを飛ばしているディズニーの最新作、「ズートピア」!

もふもふのうさぎのジュディや動物たちが可愛いですよね♪
そんなディズニーキャラクターたちの擬人化イラストも登場し、「私も絵を書いてみたいな~」なんて思う方も多いのではないでしょうか?
管理人もその一人ですが、なぜかディズニーキャラクターは独特の形をしていて、真似しようと思ってもうまく書けないんですよね。

そんなディズニーキャラクターの絵を描きたい!という要望に応えて、
ウォルト・ディズニー・アニメーションのオフィシャルYouTubeチャンネルでは、
ディズニーキャラクターの描き方を無料で教えています。
今回は、
・ジュディとニックの描き方
・受付のチーター ベンジャミン・クロウハウザーと、なまけもののフラッシュの描き方

を教えてくれるそうなので、さっそく見ていきましょう!

<スポンサードリンク>

ズートピア ジュディとニックの描き方

今回、書き方を教えてくれるのは、なんと「ズートピア」共同監督のバイロン・ハワード監督!
「塔の上のラプンツェル」を制作した監督自らが、ジュディの書き方を教えてくれます。
アメリカのウォルトディズニーチャンネルで公開されているので、音声は全部英語なのですが、
youtubeの下の方にある「字幕」「設定」→「字幕」→「自動翻訳 日本語」にすると、
一応日本語に翻訳してくれます。(たくさんの言語がありますが、スライドを一番下に持っていくと、日本語があるので見つけやすいです)

自動翻訳なのでちょっとあやふやな日本語もありますが、大体の意味を理解するのにはいいと思いますよ♪

それでは、ジュディを描くときのコツを紹介していきましょう!

4
【ジュディを描くときのコツ】

・まず、お菓子のグミを作るように描く(これは顔になる)

・最初に鼻の位置を決めておく(これがアンカーポイントになる)

・目はアーモンドのように

・口はアリエルのように

・耳は頭の後ろから大きく伸びるように

最後は警察の服を着せたら出来上がり!

監督は「今でも2Dアニメーションの制作用机を持っていることが嬉しい」と語っています。
3Dになっても、表情の作り方や動きは、人の手で作られているようですね。

ニックの描き方

次はニックの描き方!
ニックの本名は「ニコラス・P・ワイルド」って言うんですね、知りませんでした(笑)

ニックの描き方のコツは、

・アメリカンフットボールのボールのように描く(これが頭になる)

・目は大きなアーモンド形。だけど皮肉っぽく半分閉じている

・口は大きく、目の横に来るように

・耳は大きく、スポーツカーのラインを描くように

・体はほっそりと、腕を組んでいるように描く

あとはニックの特徴的なポロシャツとネクタイを書いてあげれば出来上がり!

さすがバイロン監督ですね!
スラスラと簡単に書いているように見えます。

この動画をもとにして描いてみた私のジュディとニックは・・・
2

どうでしょうか?
似ていますか?(笑)

さすがにプロのアニメーターさんには敵いませんが、おうちで何回も練習していたら描けるようになるのかもしれませんね!

警察の受付のチーター、ベンジャミンクロウハウザーと、ナマケモノのフラッシュの描き方は次のページへ

(Visited 10,298 times, 1 visits today)