2016年11月に公開される映画ファンタスティックビーストと魔法使いの旅

主役はアカデミー賞俳優のエディ・レッドメインですが、ちょっと気になるのが顔のそばかす
日本人にとってはあまりいい印象ではないそばかす。
「イケメンなのにもったいない・・・」と思ってしまいましたが、実はこのそばかすのおかげで彼は映画で役得になったらしいのです。
・エディ・レッドメインのそばかすのおかげで出演できた映画とは?
・シミ、そばかすの原因は西洋人ならではのアレにあった?
を見ていきましょう。

<スポンサードリンク>

エディ・レッドメインのそばかすの原因は?

2d642a0760327360007b7492a735b8001-640x320
画像引用:http://www.cosmopolitan.co.uk

エディ・レッドメインを初めて見たとき、ちょっと気になった顔のそばかす
「どうしてこの人はそばかすが多いんだろう・・?」と失礼ながら気になってしまいました。
「俳優といえば、顔が資本!肌が綺麗でなければ認められないだろう」、と思っていたからです。

ところが海外ではこういうそばかすさえチャームポイントのようですね。

確かに、「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」を見ていても、「レ・ミゼラブル」、「博士と彼女のセオリー」を見ていても、エディのこういう素朴なところが印象的で見てしまう、という感じがします。

このそばかす原因は、西洋人ならではの「紫外線に弱い肌」であることが挙げられます。

日本人やアジア系の人は肌が強いのでそばかすができにくく、西洋人は肌が弱くてそばかすができやすいのだといいます。

我々日本人は、生まれつき肌が強いのでそばかすがある人が珍しく、特別に思えてしまうのですが、海外、特にヨーロッパの人々は、肌が弱い人がいて当たり前、生まれた時から周りにそばかすがある人がたくさんいるので、特に気にはならないんだそう。

日本人との美意識の違いは体質にあったんですね。

海外にそばかすがあっても美人な女優さんがいます。

エマ・ワトソンとか
e6c20369
画像引用:http://livedoor.blogimg.jp

こちらは大学卒業時のエマ。
偶然にも同じ「ハリー・ポッター」シリーズに登場していますね。

普段はメイクでそばかすは見られませんが、やはり欧米人は肌が紫外線に弱く、そばかすができやすい体質のようです。

エディ自身は、「このそばかすのおかげで役を獲得した」と語っているそうです。
次のページへ

(Visited 5,096 times, 2 visits today)