全世界で大ヒットを記録した「ハリーポッター」シリーズのスピンオフ作品、
「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」が2016年11月に公開されます。

今度の世界はハリーの生まれる70年前のお話。
主人公となるのは「幻の動物とその生息地」の著者、ニュート・スキャマンダー。
そのスキャマンダーを演じるのは、イケメン俳優の「エディ・レッドメイン」
このエディ・レッドメイン、イケてるのは顔だけじゃなくて、凄すぎる経歴の持ち主なんです。
・エディ・レッドメインの受賞歴
・学生時代は王子と同級生?
・家系がすごかった!
・結婚相手とのなれそめは?

を見ていきましょう!

<スポンサードリンク>

エディ・レッドメインの受賞歴は?

default_e807abd7feae9dbfdd55ee2403689f8f
画像引用:http://laughy.jp

「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」の主人公を演じるのは、英国イケメン俳優の
エディ・レッドメイン

生年月日 1982年
出身地 イギリス・ロンドン

エディ・レッドメインが一躍有名になったのは、2012年の映画「レ・ミゼラブル
富裕層でありながら、革命運動に身を投じるマリウスを熱演。
その素晴らしいルックスと、舞台で培った見事な歌声を披露し、
「映画の中で最も力強いボーカル」と称されるほどになりました。

19755692
画像引用:http://ciatr.jp/topics/28880

英国紳士らしい素敵なお顔・・!
整った顔立ちに品性が感じられます。
これで歌声も美声とあれば、女性のハートは鷲掴みですね!

ルックスだけでなく、実力派俳優ということもあり、数々の映画賞を総なめにしています。

2010年には、「トニー賞 演劇助演男優賞」
「ローレンス・オリヴィエ賞最優秀助演男優賞」を受賞。

2015年公開の映画博士と彼女のセオリー」では、

アカデミー賞主演男優賞
「英国アカデミー賞主演男優賞」
「全米映画俳優組合賞主演男優賞」
「ゴールデングローブ賞主演男優賞」など、
数々の賞を受賞しています。

「博士と彼女のセオリー」は、筋萎縮性側索硬化症(ALS)という筋肉が徐々に衰える病気になってしまった車椅子の物理学者、スティーブンホーキング博士と、その妻であるジェーン・ワイルドとの実話をもとにした感動的なラブストーリーです。

この映画で、エディは若き物理学者の恋と筋肉が徐々に動かなくなっていく変化を見事に表現。
健康だった博士が車椅子になり、やがて言葉も喋れなくなるほど筋肉が衰えてしまう様子を痛々しいほど再現しました。

この映画の撮影までに、エディはホーキング博士になりきるために、博士の動画を見て生活を研究したり、ALSの患者さん30人と面会をしたりと、熱心に役作りに励んだそうです。

最初は素敵な若者の恋が始まったと思ったのに、歩いている途中に突然足がもつれて転んでしまったり、
だんだんと手が動かなくなってしまう苦悩を見せたり、エディの演技力はリアリティがありますね。

余命2年と宣告された時の一瞬の表情がたまらなく切ないです。

筋肉が衰えていく夫を懸命に支える妻の姿、希望を持って笑顔でい続けるホーキング博士の姿に感動します。

エディの優しい表情が美しい。
1

この映画エディの演技力が注目を集め、アカデミー賞を受賞しました。
mig
画像引用:http://matome.naver.jp

爽やかな笑顔のエディ。
ただのイケメンじゃ受賞できないこの賞、演技にかける情熱と彼の努力が垣間見えますね。

そんなエディの経歴は実はとんでもなくすごいんです。
彼の家系、出身校などを見ていきましょう!

次のページへ

(Visited 1,922 times, 1 visits today)