世界中で愛されているキャラクター映画「ミニオンズのスタッフが贈る、最新作の動物映画ペット」!

人間たちがいない間、「ペット」たちは何をしているのか?を描いた作品。
主人公は大都会で人間たちと暮らす犬や猫たちですが、その中でも特に印象的なキャラクターである「デブ猫クロエ」の声優に、永作博美さんが出演することがわかりました!
永作博美さん演じるクロエとは?
・永作さん演じるクロエ、初本編動画は?
を見ていきましょう!

映画ペットとは?

お笑い芸人のバナナマン設楽さん、日村さんが声の主演をする映画「ペット」!

本作が声優初挑戦となる佐藤栞里さんをはじめ、超豪華声優陣とともに、
マックスの近所に住む「姉御肌(あねごはだ)の猫」、クロエに、女優の永作博美(ながさくひろみ)さんが挑戦することが決定しました!

1
画像引用:http://blog.eigafan.com/pet/

永作さんは、2010年の映画「かいじゅうたちのいるところ」以来、約6年ぶりの声優にして、
今回、アニメーション声優は初挑戦!

永作さん演じるデブ猫の「クロエ」は、おいしい食べものに目がなく、味にうるさいメス猫。
しかも「なまけもの」で、他人と関わるときは生意気で噛み付くような言い方をし、プライドが高いのかお高くとまっています。

動画の中では飼い主さんがくれたキャットフードを、「ばーん!」と跳ねのけます。
12
このツンとした表情(笑)
堂々たるデブ猫ですねww

うちも猫を飼っていたのでわかるんですが、猫の女王様的な雰囲気がよく出てるな~!っと思いました。

おもちゃを出しても遊んでくれなかったり・・
かと思えば「遊んで~!」ってしつこくねだってきたり・・
美味しい食べ物には目がなく、人間の食べ物(チキンとかお肉とかスルメとか)をねだってきたり・・
一度高級な猫缶をあげると、今まで食べていた猫缶には見向きもしなくなったり(笑)

猫ちゃんを飼っているお宅なら、「わかるわかる♪」と共感するのではないでしょうか?

映画の中で一番個性的なキャラクターですね(笑)

しかし、ピンチに陥ったマックスとデュークを救うために仲間をひとつにまとめるなど、「姐御肌(あねごはだ)」的な存在でもあります。

そんな永作さんが演じるクロエの初吹き替え動画はこちら!

大好きな主人、ケイティと暮らす犬の「マックス」(声:バナナマン設楽さん)が、急に保健所からやってきた犬のデューク(声:バナナマン日村さん)についてクロエに愚痴を言いに来るシーン。

マックスが困っているのに、ねずみのおもちゃに夢中。
「あなたもあなたの悩みも私にはどうでもいい」など、猫らしい自己中心的な発言(笑)

「人間との完璧な暮らし・・オエー」と言うなど、本当は人間嫌い??

「猫様と一緒に暮らしていられるだけでありがたいと思いなさい、人間よ」って感じでしょうか(笑)

「クロエ」を演じることについて、永作さんは
「無愛想さがかわいい」とコメント。
大きなチキンの丸焼きをまるごと食べてしまうなど、
「おいしいものに目がなく、いくらでも食べたい気持ちは分かります」と、クロエに共感しているようです♪

さらに、「ペットの世界という異空間を体験できるのかとワクワクしました。嬉しかったです。」と語ります。

オファーを判断するにあたり、事前に未完成版の本編を鑑賞した永作さんは
「ハラハラ、ドキドキしながら観てました。ペットを愛する方はもちろんですが、子供達に楽しんでもらえそうですね。愛くるしいペット達の悩みや冒険を見守って、一緒にドキドキしてほしいです。」と映画を大変気に入った様子。

クロエのお芝居に関しては、「すこしオーバーめなお芝居?が出来そうで、楽しみです!」と意気込みを見せています。

ご自身も子供の頃、様々な動物を飼っていて、ペットとともに過ごす生活に慣れ親しんでいたという永作さん。
ペットたちの「頼れるお姉さん」というクロエのキャラクターと、誰にでも愛される姐御肌的な永作さんの雰囲気がぴったりで、今回の起用となりました。

さっぱりした姉御肌的な存在の永作さん、生意気なクロエを演じていても、嫌味っぽくなく、愛されるキャラクターになりそうですね!

『ミニオンズ』の短編アニメーション同時上映が決定して、ますます目が離せない今年の夏!

映画「ペット」は2016年8月11日公開です!

(Visited 1,777 times, 1 visits today)